別荘を買った場合は、周囲の森林を通じて積極的に自然と触れ合いましょう

別荘の近くには森林が多い

例外もありますが、国内の別荘地の大半は高原の中の森林を開拓して作られているため、森林がそばにあります。そして森林浴には最高の環境ですので、是非、積極的に森林浴をして蓄積された心身の疲労回復をしましょう。

森林浴の良いところとは?

別荘内の森林を歩くことはまず、樹木から発生されるフィットチットという芳香成分が人間の心身の健康(自立神経の調整など)に効果的であることが科学的に証明されています。そして、小鳥のさえずりなどはとても癒されます。そのため、都会の生活から抜け出してきた方は是非イヤホンなどをせずに自然の音に癒されながら何も考えずに過ごしてみることをお勧めします。

森林浴をしていると動物との触れ合いも

高原の森林にて森林浴をしていると、小鳥のほかにも様々な動物に遭遇することが出来ます。小動物ですとウサギ・リス・キツネなどに遭遇できるチャンスが十分にあります。また大きい動物でいうと、標高500mを超える日本の森林には鹿が多数生息しており、朝夕の時間帯は運が良ければ鹿などもある程度近くから見る事ができます。ただし熊だけは要注意なため、冬眠している期間を除いて、近隣自治体のHPなどで最新の出没状況だけは確認しておく必要があります。

森林での秋の楽しみ。キノコ狩り

キノコとは主に、高地の湿った森林に秋のシーズンに生えるものです。そのため別荘地との相性が多く、大半の別荘地付近の森林では秋にキノコ狩りが楽しめ、アカマツの下では本物の松茸まで収穫できる場所が多数あります。実際に食べる前には専門家に鑑定してもらったりする必要が出てきますが、収穫するだけでも自身や周囲の家族・子供にとっては最高の思い出になります。

セカンドハウスの夢も中古の別荘なら実現出来そうです。別荘は所有期間が短い不動産で比較的築年数が新しいものが市場によく出ています。地価が安い地域にある場合も多く、お手頃な値段で購入出来る物件が多いです。