知らないと損する!任意売却の方法とメリット

任意売却はローン返済が滞った時に利用できる

住宅ローンを滞納してしまうと、ローンの残債は金融機関から保証会社に移ります。その後分割返済の権利を失って一括での返済を求める通達が届くことになります。これをそのまま放置してしまうと、やがて住宅は差し押さえられて競売により処分されます。競売は通常の売却よりもかなり安い金額となるために、ローンの残債がかなり残ることになります。当然ながらそれは借金として残ってしまうので、返済はかなりの負担となってしまいます。そこで利用できるのが、任意売却です。

任意売却の特徴について知っておこう

任意売却の大きな特徴は、ローンの残債が残っても処分できることにあります。通常は住宅を売却する際には、ローン全てを返済しておくことが必要です。残債があると、抵当権を外してくれないので所有権を移転することができません。けれども任意売却であれば、残った残債は分割で支払うことができます。ただし仲介を行う業者を勝手に選ぶことはできません。必ず債権者が良いと判断する業者でなければ売却をすることができないわけです。

任意売却で得られるメリットとは

任意売却で得られる大きなメリットは、競売を回避できることです。競売よりも良い条件で買い手を探すことができるので、残った借金の負担はかなり軽減されます。また競売の決定通知書が送られてからでも、まだ遅くありません。裁判所に申し立てをしてもらうことにより、自分で買い手を探すことができるわけです。また売却後に残った残債も、負担がないように返済計画を立ててくれるのもメリットと言えます。

任意売却は、住宅ローンの返済が滞った住宅を市中で任意に売却することをいいます。競売よりも高く売れやすく、売却のスケジュールに融通が利きやすいという特徴があります。