ブラックリストにのっていても賃貸審査に通るの?

賃貸審査には基本的に影響しない

ブラックリストにのっている人は銀行やクレジットカード会社の審査に通らない状態にありますが、賃貸の審査には基本的に影響はありません。ブラックリストにのっているかどうかを調べるためには個人信用情報を閲覧する必要がありますが、大家さんや不動産会社は個人信用情報を閲覧することができないからです。

過去に長期の延滞をしていたり、債務整理をしている人は、家賃についても滞納をするのではないかと疑われる可能性はあります。しかし、それは自分から言わなければ調べようがないことなので、大家さんや不動産会社の審査には影響はしないと考えておいてよいでしょう。

保証会社をつける場合には要注意

賃貸契約では基本的に連帯保証人を要求されます。連帯保証人は親や親族が理想ですが、安定した収入を得ている人ならば友達などでもかまいません。どうしても連帯保証人を用意できないというときには保証会社をつけることになるでしょう。最近では連帯保証人と保証会社の両方を要求されるような物件も登場しています。

保証会社の多くは信販会社となっています。信販会社はクレジットカードを発行していたり、カードローンを発行していたりするので、個人信用情報機関に加盟しています。保証会社の審査では個人信用情報を閲覧されて、ブラックリストにのっていることがばれてしまう可能性が高いです。ブラックリストにのっていることがばれたら、高い確率で審査に落とされてしまいます。

しかし、すべての保証会社が信販会社というわけではありません。個人信用情報機関に加盟をしていない保証会社を選ぶようにすれば審査には影響しません。

札幌市中央区の賃貸は、札幌市内の中でも人気が高い物件です。中心部に程近いので利便性抜群です。他の地域に比べて家賃は高めです。