ブロードバンド物件は導入済み回線の品質まで調べよう

ブロードバンド物件には2種類のタイプがある

ブロードバンド物件を謳う賃貸ルームが増えているのは、需要が多いことに起因しています。転居時にインターネット回線を手配することは、手続きだけでなく回線工事に立ち会う必要が出てくるので面倒と感じる人も多いでしょう。しかし、ブロードバンド物件として大家が手配済みであれば、無派遣工事となったり工事自体が不要になったりというメリットがあります。ブロードバンド回線を大家が一括契約しており、管理費に回線使用料が含まれているタイプならば、新たに契約をする必要無く入居日当日からインターネット利用が可能です。一方、回線設備の導入は済んでいるものの、個別契約が必要なブロードバンド物件もあるので、入居前の契約時に契約が必要か確認しておかなければなりません。

回線品質を重視しないと後悔する

大家による判断でブロードバンド回線が導入されていると、導入済み回線品質が悪くても他の高品質回線導入工事が許可されない可能性があります。ブロードバンド回線品質は、時代の変化や使い方の多様化に伴い変化しており、以前は下り回線重視のADSLやCATVであってもブロードバンド回線と呼ばれていた時期もありました。しかし、Wi-Fi環境導入が一般化して、スマートフォンやタブレット端末が多く使われるようになると、双方向通信が重視される傾向になったので、上り下り共に100Mbps超えの回線が実用的となっています。上り回線のみ極端に遅い回線が導入されていないか、ブロードバンド物件契約前に確認しておけば、後悔を防げるでしょう。

琴似の賃貸では、セキュリティの整った物件が多く、周辺環境も十分にチェックすることで、女性でも安心して暮らせます。