賃貸物件選びには快適性だけでなく安全面も考慮しよう

オートロックだからといって安心してはならない

女性が独り暮らしをする場合など、男性よりも安全性に対して慎重になる必要があります。オートロックだから安全とは限らず、オートロックの内側共用通路やエレベーター内にも危険が潜んでいることを意識しましょう。ゴミ出しの時に玄関ドアを施錠せずに出掛けることは、短時間だからといって行ってはなりません。共用廊下で知らない人とすれ違っても、会釈されれば他の部屋の入居者かと勘違いしてしまう所に油断があります。

入居者の質にも注意しよう

防犯面をウリとしている賃貸物件へ入居出来たとしても、入居者自身に問題があれば安全性は損なわれてしまいます。入居審査がどのように行われているのか確認するためにも、入居前に内見を軽視せず他の部屋の入居者も確認しておくことが望ましいです。最も入居者の質を判断しやすい方法は、駐輪場の整理状況を確認することになります。自転車の種類と整備状況を確認すれば、家族構成と生活レベルをある程度把握可能だからです。

外部からの侵入経路は入居者全員で防ぐ

オートロック物件にありがちなこととして、他の入居者が開けた入り口自動ドアにカルガモのように付いて入ってくる不審者への対応に注意が必要です。知らない顔に対しては、しっかりと話しかけて入室まで確認する姿勢を持つだけでも不審者が入りにくい状況が生まれるでしょう。メインの入口だけでなく通用口が存在する場合には、外部からの侵入経路となりかねません。管理状況が甘ければ、管理会社を通じて注意喚起を行なうなど、入居者全員の意識を合わせて防犯に取り組む姿勢が大切です。

登別の賃貸物件は、2階建ての小規模アパートが中心となっています。3階建てのものもいくらかありますが、数としては多数派ではありません。