優良物件の選び方にはコツがある!?不人気物件の見分け方を知ろう

保証会社利用必須物件は不人気物件の代名詞

部屋探しを始める時にインターネットを活用する人が多いですが、誰でも検索出来る部屋は流通物件と呼ばれる公開許可が出ている部屋に限定されています。インターネット非公開の部屋は多く、インターネット公開されていなくても入居者は次々と契約を行なっています。インターネット検索で出てくる部屋には特徴があり、なぜか保証会社との契約を必須としている部屋が大半です。地元の小さな不動産屋へ行くと、保証人を立てるか保証会社を使うかの2択となりますが、インターネット上には保証会社利用前提の建物しか無い状況に気が付くべきでしょう。売れ残ってしまう不人気物件には、保証会社利用必須物件が大半となっているわけです。逆に保証人を立てて契約できる部屋を探せば、優良物件に出会える可能性が高まります。

サブリース物件はなるべく避けたい

不動産屋を訪れた時に、案内する部屋にサブリース物件を含めて良いかと尋ねられた経験を持つ人が多いでしょう。なぜなら、賃貸借契約に慣れた人ほど、サブリース物件を最初から避けて部屋探しをする人が多いからです。不動産屋としても契約内容に関する知識の有無を直接聞くことは出来ないので、サブリース物件の紹介可否を質問することで、法律知識の有無を確認しています。サブリース物件は、貸主と不動産屋の間で賃貸借契約を結び、借り上げた部屋を入居者へ又貸しする転貸契約に過ぎません。借地借家法で強力に保護されている借主には該当せず、又貸しを受けている入居者という弱い立場となるので、いざという時に追い出しやすいわけです。借主に不利な契約だからこそ、法律知識を持っている人は、最初からサブリースを選択肢に入れません。

札幌の賃貸マンションの中でも特に人気があるのは、デザイナーズタイプの物件です。内装が洗練されている点も魅力ですが、キッチンなどの設備も使いやすいです。